銀行カードローンのメリットを知りたい!

銀行カードローンのメリットを知りたい!

銀行カードローンの3つの魅力とは?!

銀行カードローンには①低金利であること、②総量規制対象外であること、③専業主婦でも借入可能という3つの特徴があります。これらの3つのポイントは一般のカードローン審査甘い金融では提供できないサービスで大きな魅力だといえます。
1つ目の点の低金利なのがメリットであることはすぐにわかると思います。具体的にどれほど違うのでしょうか。消費者金融機関の平均金利が5%~18%なのに比べ、銀行カードローンは平均で3%~15%なのです。なかには3%~7%で借入をしてくれる大手銀行も存在します。
つづいて2つ目の点ですが、実は法律で収入の三分の一以上の借入をしてはいけないという決まりがあります。たとえば年収が300万の人だとすればその三分の一の100万までしか借入が許可されないということです。しかし、銀行カードローンはその規制対象外なので100万の枠を超えて借入を増やすことができるのです。家を造るなど多額でまとまったお金の必要なときなど大変助かりますね。
そして3つめの専業主婦でも借入が可能というのも大きなメリットです。銀行カードローンでは本人にパート等の収入がある、もしくは配偶者に安定した収入がある場合専業主婦であっても審査を通ることができるのです。消費者金融機関では専業主婦は返済能力なしとみなされ申し込み自体不可である場合が多いことを考えるとこの点も大きな魅力だといえます。3つの特徴をあげてみました。ローンを考えているなら参考にしてみてはいかがでしょう。

自分で年賀状印刷をする際にインク代を劇的に安くするには?

一年の終わりごろになると年賀状を出す準備に追われることになりますが、一枚ずつメッセージや住所を書く手間を省くことができるので、年賀状印刷安い業者を利用している人も多くいます。しかし、年賀状印刷でネックなのがプリンターのインク代です。インクのカートリッジの値段も決して安くはありませんから、少しでもインクの消費を抑えつつ、インク代を節約する方法を取り入れる必要があります。
まず年賀状印刷の時に、インク代がかかるデザインにしないことです。具体的にはカラフルで細かいデザインのものや、家族写真を使ったものです。いずれも見た目はきれいですが、インクの消費量がとても多くなってしまうのです。家族写真付きの年賀状は、送る側にとっては自己満足度が高いかもしれませんが、実際に受け取る側からの評価はそこまで高くないというギャップがあることもアンケートなどで判明しているので、インク代節約の為にも別のコンセプトの年賀状にしてみるのもいいのではないでしょうか。
インク代がかからない年賀状印刷のデザインは、イラストや謹賀新年などの文字がそこまで大きくなく、年賀状の余白が多めになっているものと、使用しているインクの種類が少なめのものです。単色刷りやシンプルな黒一色のものなどです。どちらも外見はシンプルですが、だからこそ全体がごてごてしないで引き締まって見えますし、去年のことは今年の抱負など思い思いのメッセージを添えることができます。

モビットで三井住友銀行口座を使う

三井住友銀行のインターネットバンキングがあればモビットをより便利に使うことができます。
モビットで三井住友銀行の口座が活躍するのはこちらの場合です。
・WEB完結申込ができる
・振込キャッシングに対応している
・口座引き落としの返済ができる
・銀行振り込み返済ができる

WEB完結はカードレスでの申し込み方法になりますが、三井住友銀行の口座があれば申し込みができます。
またカードレスになるため借入方法は振込キャッシングのみです。
振込キャッシングの受取口座としても活躍することでしょう。
ただし気をつけなくてはならないのは振込キャッシングの対応は平日の14時50分までに手続きが完了した時だけであるということです。
それ以降の時間に振込キャッシングが完了すると振り込みが実施されるのは銀行の翌営業日になりますので気をつけましょう。

そしてより活躍を見せるのは返済時です。
口座引き落としができる銀行口座としても三井住友銀行は対応しており、返済日当日の0時が引き落とし最終時間です。
銀行振込返済では、モビットが三井住友銀行の返済口座を持っているため、手数料を抑えることができます。
振り込み手数料は三井住友銀行のインターネットバンキングであれば最大でも108円しかかかりません。
提携ATMも便利に使うことができますが、こちらでは最大218円が利用手数料となるため、実は三井住友銀行のインターネットバンキングの方がよりお得により便利に活用できることになります。